トップ / 賃貸の初期費用を抑える

肌トラブルの情報

賃貸契約での初期費用を抑える

賃貸物件契約で初期費用として1か月分の家賃と敷金礼金、仲介手数料や保険加入などで多くの金額を必要とします。加えて引っ越し料金でまとまったお金が必要となりますが、出来る限り抑える方法として礼金なしの物件や仲介手数料を半額や免除といった物件を見つけるだけでも家賃1ヶ月から2ヶ月分程度の金額負担が減ります。敷金礼金を抑えることでも初期費用を抑えることができます。このような賃貸物件はネットなどで探しましょう。

賃貸契約を交わすのに必要なお金

賃貸物件を借りて生活をするにはお金がかかります。入居してからは当然毎月の家賃や管理費を支払わなくてはなりませんが、物件を借りる契約をするためにもある程度のまとまったお金を用意しなくてはなりません。これが賃貸契約の初期費用です。初期費用として用意するお金は家賃の半年分と言われていて、その中には敷金と礼金が家賃2か月分ずつ、不動産会社への手数料1か月分、翌月分の家賃1か月分が含まれます。これ以外にも、玄関のカギを交換してもらう費用や、借家人賠償特約の付いた火災保険に契約する費用なども必要になってきます。

© Copyright 賃貸契約時の敷金と保障金. All rights reserved.