トップ / 賃貸に関する費用と収入

原状回復費用の情報

不動産賃貸による利益とその税金

不動産を賃貸して家賃などの利益を得ることを不動産所得といい、所得税と住民税がかかります。不動産所得は、総収入金額から必要経費を差し引いたものをいいます。総収入金額とは家賃のほかに敷金や保証金であっても契約当初から返還義務のないものや、その後返還の必要がなくなったものを含み、また共益費名目の電気代、水道代、掃除代などを含んだものです。必要経費は各種の税金、保険料、修繕費、仲介手数料などですが、交際費については高額な支出を除いて、賃貸に関する勉強会や研修会の費用として認められます。他に、2種類以上の収入がある場合、条件によりますが黒字と赤字の差し引き計算ができます(損益通算)。

アパート経営時にかかる税金

アパート等の賃貸物件を経営する場合、その収入には税金が掛かります。会社組織にしていない場合、物件からの収入は不動産所得として、所得税の課税対象となります。家賃や礼金などの収入から、固定資産税や減価償却費等の経費を差し引いた分が不動産所得となり、給与所得などの他の所得と合わせて所得税の総合課税の対象となります。賃貸物件にかかるローンについては、その利息部分は支払利息として経費になりますが、元本の返済部分については経費と認められませんので注意が必要です。また個人事業主扱いとなりますので、確定申告をする義務が発生します。

© Copyright 賃貸契約時の敷金と保障金. All rights reserved.