トップ

原状回復費用の情報

賃貸物件の現状回復費用とは

賃貸物件を契約する際に、契約書に「現状回復費用」とあるのをご存知でしょうか。これは読んで字のごとく、その部屋を借りている間に生じた損害を回復させるもので、通常は敷金や保証金から払われます。一定期間ある部屋に住んでいると、どうしても傷みが生じてきます。たとえばフローリングの床に傷がついたり、壁に傷がついたりしたりしま。また、経年劣化によってカーペットなどが色あせてしまうこともあります。そこで、次に賃貸契約をする人のために、床の傷を直したり、カーペットや壁のクロスを取り替えたりするわけです。なお、敷金等の残額は借りていた人に戻されます。相場は大体の目安として、1平方メートルにつきフローリングが7千円、壁のクロスが1000円から2000円程度です。

原状回復費用の意図について

賃貸借契約で入居している部屋を退去するときには、原状回復費用が必要になります。部屋を借りていた人が入居中に、たとえ本人に責任が無いといえるような自然な経年劣化であったとしても、退去するときには原状回復と呼ばれる行為の費用を負担しなければならないのです。具体的に言うと、入居するときの状態に戻すということです。壁紙が汚れていれば、新規交換しなければなりません。ただし決めるのは、不動産会社とオーナーです。新規交換する必要が無いといわれれば、費用は掛かりません。賃貸借契約の際の敷金の範囲内で済めば、追加料金としての費用を請求されることはありません。

© Copyright 賃貸契約時の敷金と保障金. All rights reserved.